オススメリンク
アーカイブ
クレイアート 看護師の男女

postheadericon 小児科の概要

みなさんは小児科医院の数が減ってきていることをご存知ですか。
小児科医そのものの数が減っているため、個人での小児科医院が少なくなってきているのです。
その一方で、最近では小児科に特化した単科医院ではなく、内科や婦人科が併設された医院が多くなってきています。
その中でも内科小児科医院では人工透析に力を入れているところが目立ってきました。

そもそも透析とは何かを、まず説明しておきましょう。
血液中の老廃物を処理する体内の排水処理場が腎臓ですが、様々な原因により腎臓の機能が低下し、老廃物を十分に処理出来なくなった場合、全身けいれんなどの重篤な症状を引き起こします。機能が低下した腎臓の代わりに人工的に血液の浄化をおこなうことを、透析と言います。

透析には通院治療する場合と移動能力が低下したため自宅で行う場合がありますが、多くの人が通院治療を受けています。
しかし通院治療では、1回あたり4~5時間の治療を週2~3回必要となりますので、患者さんの通院にかかる負担がとても重いという実態があります。そのため、最近では希望する患者さんに対して無料で送迎をしてくれるところが多くなってきました。

また、送迎にかかる待ち時間や乗車時間を軽減するために何台もの送迎車を確保したうえで、スタッフ間の連携を密にし送迎後すぐに治療を始められる体制を整えているところもあります。
医療サービスだけでなく、こういったサービスも加味したうえで、自分に合った治療先を検討してはいかがでしょうか。

小児科選びの着眼点
小児科にはさまざまな特徴のある医院があります。お子さんの疾患や状態、ニーズに合わせて選ぶことができます。
例えば透析などひろく一般医院にあるわけでない機器を持つ病院があります。
透析のできるクリニックは多くありますが、透析の必要な人の中で子供の割合は高くありません。
大人に囲まれて長い透析中機会いつながれているのは子どもにとって大きなストレスになりますので、子どもが透析を安心して受けられるような設備の整った小児科が求められます。

働くお母さんにとって困るのが子どもの体調不良です。
体調が悪い子どもは通常の保育園では預かってもらえず、看病のために急遽仕事を休まざるをえない状態になることがあります。
そのようなときに病児保育がありますが、小児科と併設された病児保育園ならさらに安心です。
お母さんは病児保育園に送迎するだけで仕事を休む必要もありませんし、子どもも医師や保育士の管理のもと過ごせます。

小児科選びには立地も重要です。
病気の子どもを連れて小児科まで行くのはそれだけでかなりの重労働ですし、具合の悪い子どもはそれが負担となってさらに悪化することも考えられます。
バスや電車での移動で周りの人に迷惑をかけたり違う病気がうつってしまうこともあります。
車で受診する場合も駐車場の数や混雑度合いは要チェックです。
病院によっては駅までの送迎や近隣の地域をまわる送迎バスを走らせているところもありますし、送迎用のタクシーを呼ぶ専用電話が設置されているところもあります。

クレイアート 医師

postheadericon 子供の透析

子供の透析については、送迎が高齢者と同様にかなりの問題になると思われます。
高齢者も自動車の運転ができなくなるために送迎は家族がおこなうか、病院にお願いする状態となると思われますが、子供については完全に家族が付き添っていくなどしないと送迎はできない状態であり、透析の困難さが出てくるものと思われます。
透析について送迎をおこなっていくれる小児科がどのくらいあるのかよくわかりませんが、小児科で送迎をしてくれることにより子供への負担、家族への負担がとても軽くなることは十分に考えられます。
それでなくても透析については週3回くらいはおこなわなくてはならず、それを怠ると生命にも危険が及ぶわけであり、困難だと言ってもそれをしないわけには行かないと言うことになります。

特に子供の頃から透析が必要である状態になっていると言うことはこれから数十年にわたってそれをおこなわなければ行けないことになるためかなりの負担になることと考えられます。
小児科自体が通院するためには家族の支援が必要であると言うことが大前提であり他の病気についても送迎をして欲しいと考えてしまうことは十分に考えられます。

しかし、透析については生命維持のためにどうしてもやらなければならないことであり、そういう意味でも送迎を実施してくれる小児科は貴重であり、今後このような病院が増えていただく事に期待したいところであります。
このような病院が増えていただきこどもたちの負担が少しでも軽減されると良いと思います。

カテゴリー
カレンダー
2014年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031